スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | page top↑
傷口のにおいは、、、
2013 / 07 / 11 ( Thu )
娘が治りかけの傷口のにおいをかいで悩んでいた






1_20130711213130.jpg


続きを読む
スポンサーサイト
| トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
タコライス
2011 / 06 / 06 ( Mon )
66.jpg




んまかったー 
 
んまかったーー

何口食べてもんまかった

夫作のタコライス。

心も潤ったわ。







先日けーたいをカメラのええやつにしたのだが・・・・

やっぱりピンボケしとる・・・・あはは・・・




人気ブログランキングへ ←応援のクリックを~♪
| トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
おどりたい!(3)
2011 / 05 / 09 ( Mon )
またまた前回の続きです。

しかたがないので教室に連絡を入れ、タップの契約を待ってもらった。





でぇ~



翌日になって、お互いに落ち着いた頃にもう一度話し合った。

そして、その次の日も話し合った。

そのたびにスウの目から涙がポロポロとこぼれ落ちた・・・・




スウ「・・・・タップ、やめたくない。。。」




母「気持ちはわかるけど、断っちゃったし無理だよ」




実は、こんなも母がかたくなに娘の気持ちを突っぱねてるのには大人の事情といいますか・・・・

まぁ、小さいダンススクールなので、いろんなことがルーズなわけ。

で、ちょっと納得のいかないことが立て続けにありまして、、、つもりつもって大きな問題になってしまった。

そういうことが多分これからも続くことが予想されている。

だから、アタシも夫も無理をしてまで通わせたくはないのが正直なところなのね。

だから、スウがやりたいからって「いいよん♪」なんて簡単に言ってあげられなかった。

それに、決断を先延ばしにできない事態になっていて、

今を逃すと数千円の値上げではすまなくなるという非常事態なのだ。

それに、今回タップの契約を交わしてしまうと、逆に途中で辞めることができない。

途中でやめると・・・新料金で契約しなおすため月謝が倍くらい膨れ上がる!!







だけど、







3_20110501234009.jpg

(※母にはこんなふうに見えてます。)





辞めてしまったタップの先生に

「今度遊びにきたときはもっともっと上手になってる姿をみせてくださいね♪」

という約束?をしたらしいのだ。

だから、どうしても発表会でタップの先生が見に来たときに自分の頑張って上達した姿をみてもらいたいのだそうだ。



スウ「それにっ・・・・・・・・・!」






スウ「スウは昔からハイヒールがコツコツ鳴る音が好きでぇ・・・・・

だからタップも好きでぇ・・・・・!ふえ~~~~ん・・・」







う、う~~~~ん・・・・・内容はどうであれ、スウの必死さが徐々に沁みてきた。






たしかにね。タップは楽しそうだったんだ。スウも一番好きなレッスンだと言ってた。

そういえば他のみんなも口をそろえて「タップは面白い」っていってたんだよな。

きっと、ステキな先生だったんだと思う。

タップ自体も、すごく魅力がある。

たとえば、こんなふうに、、、








おどりながら、楽器になってる!

なんとも魅力的だと思うのよね。

アタシはやってないからわからなかったけど。

どんな理由があるにせよスウがここまで「やりたい!」と食い下がるって・・・・

なんか、スウのダンスにかける思いを知ることができたし

ダンスの先生にも「スウちゃんは本当に踊ることが好きで踊ってるよね」って言われ続けた言葉が

ボディーブローのように今更ながら効いてきたわぁ。

大人の事情はしばらくは封印して、スウがこれだけ強い気持ちでやるって言ってるんだから・・・

これはもうやらせないわけにはいかないよね・・・・

もし、それでもアタシが「やらせない」なんて言ったら
 

7_20110502223332.gif



 
執念深い娘ですので母は呪い殺されると身の危険を感じて・・・・・




今後発表会もあると思うけど、袖からタップダンスを恨めしそうに観ているスウを想像したら・・・・

タップレッスン生をも呪いちらかしでもしたら生徒が気の毒でならないのでね・・・・





というわけで・・・・今回はスウの気迫に負けたわ。




ここまで本人がやりたいことを辞めさせる理由が見つからない。

お金は・・・・・・稼げばいいよね。

馬車馬のように働くわ。

家庭の事情ってあるとおもうけどみんなだったらどうしてた?

今回の数千円の値上げは正直痛いんだけど、、、いたしかたないわ。

母の決断が甘かったのかどうかはこれからのスウの頑張りにかかってるわね。









ところで~~~、

クウの習い事のことなんだけど~~

次回はクウの習い事体験のことを書こうかなと思ってます。

こちらもまた・・・・予想外でした。





人気ブログランキングへ ←応援のクリックを~♪
| トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
おどりたい!(2)
2011 / 05 / 06 ( Fri )
前回の続きとなります。



道端で泣き出した娘。




1_20110501234028.gif



戸惑う母。

何で泣いてるの!?






わけを聞いてみると、








5_20110501234700.gif
(※母にはこんなふうに見えてます。)











2_20110501234010.gif




ええ!?

辞めたくなかったの!?

だって、あんなに軽く「わかった」って言ってたジャン??






それに、もう断っちゃったんだよ、先生に・・・・







母「何でもかんでもやればいいってもんじゃないでしょ。

タップは大人になってからだってできるよ!

今は、他のダンスを精一杯頑張ろうよ。

それに、週5回は多いとおもう。

友達と遊ぶ時間だって、勉強する時間を増やすことだって必要になるよ!

これから徐々に難しくなってくるんだから・・・」




母の必死の説得に、娘はこう答えた。




スウ「友達とはダンスがお休みの日にも遊べるし、勉強だってもっとしたいよ!?

でも、今はタップやめたくない!

せっかく先生が教えてくれたことができなくなるなんて・・・・」







母「スウがやりたくても、今回は無理だよ。

これから衣装代だってかかるし、クウの習い事だってさせてあげたいのに・・・。

今後も値上げはあると思う。

その都度やりたいだけやってたら、他のことが何もできなくなっちゃうよ。

ダンスは、観ることだって必要だよ。

スウにはプロのダンスを観て広い世界を知ってほしいよ。

そういうことにお金をかけることだって必要なんだよ?」




マジで今回の値上げは我が家に痛手なのだ。

息子が習い事を始めようかどうしようかというときでもあるのに。

スウがやりたいからといって、ああ、そうですか。とはいかない状況なのだ。




さらに娘が




スウ「クウにだって習い事はさせてあげたいよ~~~

だけどタップはやめたくないーーー!

おどりたいぃぃーーーー!!」










ふう~~~~

さすがにこの日は夜遅くて・・・泣きじゃくってそれでも宿題しているスウにかける言葉がなくなってしまった。





う~~ん。。。







長くなったので次回につづく~~








人気ブログランキングへ ←応援のクリックを~♪
| トラックバック(0) | コメント(1) | page top↑
おどりたい!(1)
2011 / 05 / 02 ( Mon )
 今日は、スウのダンスにかける熱い思いを書くよ!

結果から言ってしまうと、

思わぬところで想定外のお金をかけてしまうことになる★

という笑い事じゃないけど笑わなければやってられない母の苦悩と娘の希望のお話だよ。







かつて、スウがダンスを始めたっていう記事を書いたと思うんだけど、 今でも一生懸命がんばってます。







1_20110501160000.gif



週に5回のレッスン。

レッスンまでの空き時間は友達とみっちり遊んで時間になったら自分でちゃんと支度をしてスタジオまで向かう。

練習が夜遅くまでかかることもまれにあるけど、それでも宿題もこなして

親のアタシが言うのもなんですが、弱音も吐かずよくやっていると思う。






ところがね、、、、、

娘の通うレッスンのうちのひとつであるタップダンスの先生が、

ご主人の転勤で辞めることになっちゃったのね。

で、新しい先生が見つかったはいいんだけど、

多分・・・・スタジオの経営は難しく、このことをきっかけにタップダンスの値上げを余儀なくされたわけ。





値上げが痛いのも事実なんだけど、

母は、週5回ってやっぱり習い事にしては多いと思うし、

ひとつくらい減ってくれてちょうどいいと思ったのね。

だから、娘にも「タップを辞める」方向で話をしていたわけ。

娘はそれに納得して、「わかった」と軽く返事をした。





だから、タップの先生の最後の授業と送別会が終わった後、

22.gif




「タップ最後だったね・・・

でもタップダンスはさ、スウが大人になってからでもやりたかったらやればいいよ。

今はバレエとかさ~、基礎をしっかりやって身体作りしておけば、将来いろんな踊りができるよ。

タップだろうと、ヒップホップだろうと。」






・・・・っつーはなしを軽くしてたらね、







 

3_20110501155959.gif



「え?」って言われた。








4_20110501155958.gif


「え?」って??









6_20110501160016.gif





そして・・・・・








8.gif




母とスウの距離はどんどん開き・・・・・









母「どした??」








娘に近寄ってみると、、、、、








9.gif



ガン泣きしてた・・・・。









つづく!!


人気ブログランキングへ ←応援のクリックを~♪






| トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
二度目のバレンタイン
2011 / 02 / 16 ( Wed )
久々の更新であります。

今日はスウの恋話です。

一年前のバレンタインは(←クリック)こんなかんじでした。

母もどっきどきの思い出のバレンタインとなったのだが

さて、今年は誰にあげるのか・・・・?




もちろん、昨年同様R君!



一ヶ月前くらいからバレンタインにどんなチョコを贈るのか頭を悩ませていた娘。

昨年は(母の相手への気遣いにより)ちょこっとデコるくらいのものだったのだが

今年は「手作りしたい!」と何度も言われていたのだ。

(多分CMの影響と思われます。チョコレート会社の策略にまんまとはまりおって!)


で、

チョコレート作りを始めたんだけど、スウって激しく手先が不器用なのね。

せっかちなのもあるしおっちょこちょいでもある。(母似ですが何か?)

となりで「たべたいたべたい」とうるさかった息子にチョコの残りがついてるボールを渡して舐めさせて黙らせてる隙に



1_20110216013530.jpg

親子でぎゃーぎゃー言いながらちっさいチョコにちっさい文字やら飾りつけやらをして何とか仕上がったわけ。

ま、一年前よりは上達したわね。






「友チョコも作ったんだしさ、明日(月曜)学校が終わったらみんなと、R君も一緒に遊ぶ約束して渡せば?」という母のアドバイスに娘は

「そんなこと恥ずかしくて出来ない~~~~だから今日(日曜)渡すよ。」

どうやらみんなの前で渡すのは恥ずかしいらしい。

母は好きな子にチョコなんて渡したことないからさ・・・

クラス全員がスウのR君への想いを知っているというのにやっぱはずかしいんだな。



で、母がR君のお母さんに連絡して、彼のマンションまで行って渡すことになったのね。

「髪型は横で、シュシュで結んでほしい!」とか、「服はどうしよう??!」とか「あ~緊張する~~」とか

バタバタ・ソワソワしながら出かけたわけ。



すでに暗くなりはじめたしちょっと距離があるので付いて行ったんだけど

到着するや「ママ。絶対見ないでね!!」と念を押しまくる娘。

はいはい。

遠くにいることにします。

でさ。

彼が来るまで待ってるときの娘の後ろ姿からなにやらキラキラピンクのオーラ出まくっちゃってて








2_20110216134043.jpg





人が通るたび、R君なのではないかと確かめる姿が女子高生みたいですがな。(小2ですが)

たった5分くらい待っただけだけど、娘には長く感じたようで

母の所に戻ってきて、「なんて言って渡せばいいかな・・・・」なんて不安がってました

そうこう話してる間にR君が来た!

妹ちゃんもお母さんも一緒だった。

一気にみんなのテンションが上がって

クウはRくんちのマンションのツルツルピカピカエントランスの床でスライディングしまくり、

R君の妹もローラーシューズ履いて行ったり来たり・・・・

そしてR君のお母さんはこのバレンタインのことをどれほど心待ちにしていてくれたかということを話してくれた。

なのでとっても賑やかなバレンタインになっちゃったんですが。






3_20110216134042.jpg



賑やかな中でもふたりの周りだけはキラキラピンクオーラ出まくりだったわ。

昨年はR君は娘が贈ったチョコを「一個だけでいいからちょうだい」とねだる妹ちゃんに一粒も渡さなかったんだって。

それを知ったスウはちゃんと妹ちゃんの分も用意すると決めてました。

すっごい喜んでくれた妹ちゃん。よかったよかった。



このあと、R君はあまりのうれしさにマンションのオブジェに登り始めちゃってました。

やはり、男という生き物はテンション上がるとこうなるんだな・・・



昨年のバレンタインのお返しに、要はホワイトデーですけど(←クリック)こんなかんじでした。

その後、本気でダンスのかばんに付けて通ってました。



でね。

今年チョコと一緒に渡した手紙の内容なんですけど~~~


    ホワイトデーにもらったクマのぬいぐるみはまだ大事にしています。

    今度ダンスの発表会あるのでみにきてください。



みたいな内容でした。 

実際にスウはR君に来てもらいたくて頑張って通っているところもあるんだけどさ。




Rくんもまだ娘を一途に想ってるよとお母さんが教えてくれた。

そして、今年のバレンタインはもうチョコをもらえないだろうと諦めていたってことも、

電話で呼び出しをしたあと、何度もチョコを受け取る練習をしていたことも教えてくれました。



今年のクラス替えではなればなれにならないといいね。

来年も同じ人にあげることができるかな。





人気ブログランキングへ ←応援のクリックを~♪

| トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
スウの近況③
2010 / 12 / 29 ( Wed )
ふおおおお

今日はもう12月29日・・・・早ーーー!!

この一年、忙しかったです。

クウも大きくなってよく言うことを聞いてくれるようになったし

娘の身体も丈夫になたということもあって

『忙しい生活を送ることが出来るようになった』というかんじです。

お仕事も始めることができたし、お仕事のない日はダンスの練習に。

娘のダンスのお迎えも毎日のようにあるので夕方もご飯作りながらバタバタ。

先日クリスマス発表会があったので調子にのって娘とお揃いのサンタガール衣装を手作りしてしまった。

買ってもよかったのに忙しく時間がないときほど余計なことをしてしまう現実逃避体質なのです。



でも親子で出る発表会もなかなかたのしかったですよ!

母は5曲、娘は7曲。

母はダンスのことでは娘に勝てません

いやぁ、間違えた!でも楽しかった!

子供たちは元気いっぱい踊ってたな~~

衣装替えもあるのでバタバタしとりましたが4時間あった発表会も何とか無事終了しました。

観に来てくれてた義父母とはその後家に帰ってからクリスマスパーティーをして長かった一日が終わろうとしてたんだけどさ。




・・・・・・・・・それが、終わらなかったのよ。。。






続きを読む
| トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
スウの近況②
2010 / 12 / 01 ( Wed )
うわわ、前会の更新から一ヶ月経っちゃったよ

11月は忙しかったですーー。

子供の学校と幼稚園のイベントも満載だし、

母と娘の通うダンスもイベントに向けて衣装をそろえたり練習も大詰めで

そんななかクウが水ぼうそう~~。しかも時間差で娘も~~。

そんななか新しいお仕事を始めたりと・・・ハードスケジュールでしたがやっと落ち着いた。




で、前回からの続きになりますがスウのことね。



で、病弱だった娘があるときを境にほとんど病気をしなくなった。

多いときにはひと月に3~4回は熱を出していた娘が、半年間で2回くらいに減ったのだ!

娘が、同じクラスの男の子に恋をしたのだ。

恋をして免疫力アップしちゃったのだ!


今かもしれないっ!!


以前からスウが「やりたい!!」といっていたダンス。始めるなら今だと思った。

もともとは母がやってたんだけど、キッズクラスの子がキラキラの衣装着て舞台で踊ってる姿を見てスウも「やりたい!」と言い出したのだ。

今まで習い事をさせていても休みがちで、というか、無理やり体力つけさせようと始めた新体操は結局ほとんど通えずに退会することになったことも有り。

そんなスウがちょっとだけ体が強くなった時期を見計らってダンススクールに通わせることにした。


スウってどんな場所でも場面でも目立ちたがりで人との係わり合いがスキで、テンション上がりすきちゃうところがあんのね。

で、テンションあがると熱が出ちゃうこともあるのよ。遠足の前日に熱出すタイプね。

で、母がダンススクールに通わせる目的としてはそんなスウの有り余るテンションを発散できる場所になると確信したから。

みんなで練習して体を使って表現してひとつの作品を作り上げるダンスはスウにとってもあってる気がしたのだ。





で、習いはじめてみるとこれがとっても合っていた様子。なにより体力もついた!

今でも台風なんかが近づいてくると気圧のせいで喘息になることもあるけどさ、回復するのにそう時間もかからなくなったよ。

まじめな性格のスウはあっという間に上達した。

調子に乗ってダンス、タップ、クラシックとクラスを増やして今では週に5日間レッスンに通う日々。

本人はどれも楽しいらしい。

週5回レッスンってなかなかないよね。

すごい金額になりそうでしょ?でも良心的な1万円以下のレッスン代なのね。

レッスンまでにお友達と遊ぶ時間だってあるし宿題も少ない2年生だから出来るのかもね。

でも衣装代もあるし発表会だってあるからアタシは馬車馬のごとく働くわ。おほほ。



ダンスが楽しいって思えるひとつにかわいい衣装が着れるってこともあるんじゃないかと思う。

いくらプリキュアやプリンセスモノ卒業したっていってももやっぱり女の子は女の子。

普段着ることがないフリフリ&キラキラ身につけたらテンションあがるのね。



でもね。。。。

今まで言うのわすれてたけど病弱病弱っていってるからスウに会ったことない人は、細っこい色白モヤシ娘だと思ってる人もいるかもしれないけど・・・・

実はぽっちゃり色黒タイプなのよね。

太りやすい体質でもあると思う。

そしてどんなに熱を出しても食べるのはスキ。もちろん健康なときはもっと食べる。

だから、スウを見たことがある人はまさかこんなに熱を出すタイプの子だとは思わないでしょうね。

母は、体を動かして筋肉がつけば自然とお肉が落ちると思ってたのよ。

でもね、ダンスを始めて体力がついたスウは今までよりもっと食べるようになっちゃったわけ。

動いてるはずなのに・・・・今までよりもっとぷっくぷくになってきた。

先生も「始めたばかりでスウちゃんみたいに太ちゃう子もいる」ともいわれたけどね

そりゃ、「痩せなさい」とか「食べちゃ駄目」なんて小2の女の子に言いたくない。

変な発言したせいで拒食症にでもなったりしたら目も当てられない。

でも学校から「お腹すいた~」って言いながら帰ってくる。(もちろん学校の給食はおかわりしてる)

おやつもこれじゃ「足りない~~」って牛乳がぶがぶ。

「これからダンスで動くんだからいいじゃん~~」ってお代わりしてがぶがぶ。

あたしもつい、体力使うんだろうな~~と思って許してたわけ。

そのうちこの出っ張ったお腹が自然と引っ込むだろうと。

だけどね、どんどんお腹ぷっくり、顔がまるくなってきちゃったの!

娘がダンス頑張れば頑張るほど太ってゆく・・・。

長い目でみてあげようと思っていた母も、始めてから8ヶ月。さすがにあせってきたわ。

この先バレエのトゥシューズ履く日も近いというのに 今の体重でいいはずもなく・・・・



母はまず「お腹いっぱいになるまで食べるのはやめよう」と約束した。

けど、食べる量を決められたり 自分の好きなものを食べられない時にはイライラする様子が見られた。

麺が大好きなスウは、毎日毎日「ラーメン食べたい!」といって、

「毎日食べるなんてよくない!」という母の意見に不機嫌をあらわにして弟のクウにも八つ当たりをしてさらに母に叱られるという悪循環。

う~ん、これではまずい気がする・・・・!?というか、まずい!

親子の関係にもヒビが入りそうな予感。





どうしたらいいもんかと思って ついにダンスの先生たちに相談したのね。

それを聞いた衣装担当スタッフのMさんはスウにつつつ~~~と近寄り・・・・



「スウちゃん、頑張ってるね♪ 今度の衣装もかわいいの考えてるからね!でもさ、かわいい衣装着るにはもう少しスリムだといいよ。ご飯もさ、お菓子もさ、食べていいよ?だけど、量を半分にしよう。チョコ食べたいな~って思ったらいつもの半分にしてさ。ご飯もいつもよりちょっと減らそう。そしたら今よりもっと衣装が似合うようになるよ!!」






で、なんと。

スウはその日のうちから無駄に食べるのをやめた。。。。。

母が何を言っても響かなかったスウが衣装を着るために自然とおかわりをするのをやめた。

太りそうなデザートも以前よりほしがらなくなって、よく噛んで、味わって、ゆっくり食べるようになった。

今までおいしいものを早く・たくさんの量を食べようとしていたスウに母も

「食べてもいいよ。でもゆっくり味わって食べよう」と声がけしてます。




スウは、自分が衣装着ることを意識して楽しみにしながら、

かつてこのブロ具のなかでも登場した、バレンタインにチョコを渡したR君が自分の発表会を見に来てくれることを楽しみにしながら今日も頑張ってましたよ。

やっぱさ、母がどんなに言っても 本人にやる気がなければ変われないんだな。

逆に、本人の腑に落ちるものに出会ったときって(今回は衣装担当の方の発言)変わりたいように変われるもんなんだな。

ま、そんなこんなでスウは今日もダンスを頑張っています。





ちなみに、スウに声をかけてくれた衣装担当のMさんの娘ちゃんはぽっちゃり体系(笑)

やっぱり食べるのがスキでMさんの意見には耳を貸さず食べ過ぎちゃうらしい。

自分の子を変えようとするのは難しいことだよなぁ。






人気ブログランキングへ ←応援のクリックを~♪
| トラックバック(0) | コメント(3) | page top↑
スウの近況①
2010 / 11 / 02 ( Tue )
ここんとこ娘のことを書いてなかったな~と思うので今日は小2の娘スウの近況を。

このブロ具でよく書いてたけど、かつてはかなり病弱だったスウ。

アレルギーやストレス、扁桃腺肥大などが原因で常に熱を出していた。

母は、あまりにも熱を出す回数が多いので大きな病気が潜んでいるのでは?とよく心配したものだ。




だってさ~~~~



2_20101031005908.jpg


↑ とか言うんだよ?

熱が下がった頃によくこう言われた。

眼科でも 小児科でも特に問題ないといわれたけどこん時はさすがにびびったわ。

(結局なんでもなかったけど 熱のせいだったらしい)





小学校になっても休みがちで、よく腹痛を起こしては(ストレスで)その後熱が出てしまう

とパターン化されていた。




1_20101031005909.jpg



↑熱が出るかどうか予測できちゃう小学生(というか自在に熱出せんのか?)





小さい頃からですが今でも嘔吐しやすい体質。

多分、癖にもなってて 咳ひとつで嘔吐しちゃう。

ちょっと汚いはなしになりますけども。

まだ幼稚園の頃は嘔吐しても臭いも大したことないけど、

小学生にもなると嘔吐したものは大人並みの量になってきますのでね・・・連日吐かれるとかなりキツイ。

血が出るまで一日中吐くことだってスウにとっては珍しくないし。

吐き気止めも飲めず、座薬にしても下してしまう。

本人が一番キツイのはわかってるよ。

でもね。

いくら近くにバケツ用意していようと スウもあまりの突然の嘔吐に布団とか、

じゅうたんとかに何度も吐いちゃうときがあんのよ。

で、ある日ね。

スウを心配する気持ちももちろんあるけど、「ああ、またか・・・・」って気持ちがの方が強くなってきて

嘔吐の処理から逃れられず精神的に参ったことがあった。

またしても布団の上にされた大量の嘔吐物をみて、母は途方に暮れた。

どうにも処理する気になれず、布団そのまま捨ててやろうかとおもったわ。

しばらく時間がたって 重い腰を上げて・・・いつものように拭き取ってから布団をまるごと洗ったわけ。

で、その日は確か休みで家にいた夫に・・・・・






4_20101031005907.jpg



「ゲ・・・・ゲ〇の始末 お疲れ様って言って・・・・・

               よく頑張ったって言ってくれ・・・・・」



と言った。

そのあと、夫が何かを察して





3_20101031005908.jpg


母を褒め称えてくれたんだけど。




いま、こうしてる間にもたっくさんのおかーちゃんたちが頑張ってるとおもうけど

育児ってさ、どんなに大変なことがあっても 

追い詰められても 逃げ道がないときがあって

それを乗り越えたとしても 親なら 産んだならやって当たり前で

誰に褒められるわけでもないし 時給がもらえるわけでもない。

どうにもモチベーションを保つのが難しくなるときがあるんじゃなくて?

子供の成長はうれしいけど達成感とは違う。 

ふと、自分には何の輝きもない気がして焦りがでる。

自分で選んだ道なのに 重い重い足かせをかけられたかのように感じることもあった。

そしてあの、社会から取り残された感覚に陥るアレ、なんとかなんないのかしら。

仕事は頑張れば評価してもらえるけど

子育ては頑張れば頑張るほど孤独を感じる・・・しかもそれが永遠に続くような漠然とした不安。

始めは小さな不安だったのにいつの間にか大きな不安になってたことに気づく・・・

今現在そんなふうに感じてるひとも少なくないはずだわ。


アタシは今飲食店のバイトしてるけど時給だってもらえるし働くほどお店からもお客からも感謝される。

「子供がいてお仕事してるなんて大変でしょ」ってよくいわれるけど

アタシは100%を子供に注ぐ方がよっぽど大変な仕事だとおもうよ。

アタシみたいにただ食事運んで片付けるだけの仕事で時給がもらえて

子育て中の専業主婦がもらえない意味がわからなくなるときがあるわ(笑)

(一応いっとくけどこれはあくまでアタシ個人的な経験に基づく意見だからね。。
ちゃんとお仕事頑張ってる人、わけあって頑張れない人がお気を悪くされませんように。)




でも、子供たちからはそれ以上の幸せをもらってるからね。

育児がどんなに大変だからといってもその次にくる幸せはなにものにもかえがたい。

辛いと思った日でも叱り飛ばした日も孤独を感じた日もアタシは子供を産んでよかったと子供に感謝しなかった日はないわ。

あの、寝顔を見ちゃうとね。

やっぱり次に生まれ変わっても女で、子供を産んで育てたいとおもう。

子供って親にとっては麻薬的な存在ね。



スウの大変だった時期を思い出してたら過去のこと思い出して熱く語っちゃった。

かなり話が脱線、もとにもどそうかとおもうけど続きは次回にしよう。

あ、それから時々口調が「~だわ。」みたいになっちゃてるけど

最近おもろいゲイブログ見つけちゃって影響されてんの。へへ。

でも気にしないで読み進んで頂戴。




人気ブログランキングへ ←応援のクリックを~♪
| トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
ドっちょ子ちょい(2)
2010 / 06 / 04 ( Fri )
スウのお友達と鬼ごっこをしていたときのこと。





53112.jpg







スウの先を走っていたお友達が転んでしまいました。




53113.jpg



それを見たスウは・・・・。






みなさんはこの後、どうなったと想像しますか?



転んだお友達に更なる悲劇が襲います!
続きを読む
| トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
| ホーム | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。