スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | page top↑
息子、熱。
2008 / 06 / 30 ( Mon )
息子が熱を出しています。

今回は自ら「おねちゅ~おねちゅ~」と自分の状態をわかっているようです。



痛い



しばらくぐでぐでしてましたが飽きたのか

姉ちゃんが楽しそうに遊んでる声につられたのか








痛い2




ムクりと起き上がった瞬間、、、














痛い3







ガッ・・・・・・・・・!!!!










激しい頭痛が襲った!









痛い4









激しく痛むようです・・・(=_=;)










痛い6










あうううう・・・・・ (つД`。)゜。 











痛い7







「この痛みはなんだ!?」といった表情が頭痛の激しさを物語ります・・・・






だいじょうぶかーー!?ヽ(;´Д`)ノ







でもすぐさま












痛い5






何事もなかったかのように遊びに行きました。。













・・・・・・という感じで






具合が悪くても愚図らない息子は楽だ。

ほんとに辛ければ寝てるし・・・

逆に娘は、たかが擦り傷で大騒ぎですよ。。

娘に擦り傷語らせたら軽く1時間はすぎますよ、たぶん。

出産の痛みは女性にしか耐えられないというけど

基本的に痛みに強いのはやっぱ男なんでしょうかね。

んーー、、鈍感なのかな??

現在娘はというと熱を出すのか、出さないのか!?

という瀬戸際におります・・・!

薬も飲んでるし持ちこたえてくれるといいんだけど~~。。










 ←応援のクリックを~~☆・゚:*(人´ω`*)
スポンサーサイト
息子 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
新幹線に乗りたくて
2008 / 06 / 29 ( Sun )
車や電車、自転車などタイヤの付くものならなんでも好きなようです、息子。

タイヤが回っている、それだけでときめくことができるなんで今まで私には理解できなかった。

でも、息子が電車に興味を持つようになってから私も気が向くようになり、

徐々に息子のときめくワケがわかってきたような気がします。

先日も新幹線というものを初めて見た息子は、、、







新幹線







新幹線に乗りたい、と何度もつぶやいた。

私も全く興味がなかったんだけど、よく見てみると最近の新幹線も車体のラインがかっこいー。

新幹線同士の連結新幹線同士の連結(←クリック)なんて間近かでみると素人のアタクシでもテンションがあがる。






新幹線2




うん、かっこいいよね。

わかるよ。

かあちゃんもやっとキミのツボが理解できたような気がするよ。

いつか、新幹線に乗りたいとキミが願う気持ちもよくわかる。





でもね、、、




母がどんなに説明しようとも




新幹線3











キミの夢は近すぎて





もう叶っているということに










新幹線4






気付いてくれない。。。。









というわけで山形まで行ってきました。

つづくかもしれないし
つづかないかもしれない。


 ←応援のクリックを~☆・゚:*(人´ω`*)
息子 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
おにぎり
2008 / 06 / 11 ( Wed )
オレも早いもんで2才7ヶ月。

今日は、毎日たくさんの経験を積み重ねているオレ様が見つけ出した

おにぎりを100倍おいしく食べられる方法をみんなに伝授したいと思う。どうぞメモの用意を。








初めに、目の前におにぎりが出されたら、

出されたおにぎりに敬意を表しながら手に取り、、、










おにぎり1










米の輝きに酔いしれながら、脳に刺激を送っていただきたい。

しばし磯の香りを楽しんでいただいてもよろしい。

存分に唾液を分泌させてからパク付きたい衝動を限界まで抑える。

まだ、、、まだまだ。。。






限界の限界を超えたところで、いきなりかぶりつくのではなく、、、、、







右手の親指と人差し指で海苔の端をつまみ、









おにぎり2






・・・・・・・・・・むくのである!








このときに多少の米が海苔に付いてしまうが気にしないでいただきたい。









そして!

ここで初めて







おにぎり3






最っ高の塩加減!

中からはふんわりとタラコの香りがしてくる。

タラコにたどりつくまであと一口、、、、、

いや、

あと一口半。。。。



このタラコまでの時間が何よりも楽しくもありもどかしくもある。

この気持ちは公園の時計台の下で初めて彼女と待ち合わせたときのことを思ひだす。





そして待ちに待ったタラコが今まさにオレの口に!

これはオレが彼女と初めて、、、ごふ、ごふっ、ごふっ!!










先に進もう。

肝心なのはここからなのだ。






白米のみを全て食べつくしたところでここは思い切って、





むいた海苔を



お皿の上に戻していただきたのである。







さらに!

勇気を振り絞って







海苔の入った缶を探し出して手に取り、





かーちゃんにサイコーの笑顔でこうおねだりするのだ。















「海苔くだちゃいっ(*´∀`*)ノ」

おにぎり4

















「海苔を残しながら海苔くださいとはなんたる△※□\\¥××※・ガミガミ・・・・!!ヾ(*`д´*)ノ」






、、、、、と、怒りに満ちたかーちゃんの顔にも屈せず







「海苔くだちゃぁーー(*´∀`*)ーーい♪」





(※サイコーに幸せな笑顔でテンポよく)







すると、

ガミガミ言いながらも眉間にシワを寄せたかーちゃんは米のこびり付いた海苔を自分でほおばりながら

オレに新しい海苔を差し出してくるのだ。

そしてオレは新しい海苔をパリパリと味わいながら、





かーちゃんがそれを飲み込む直前に




おにぎり5








、、、、、、、、と一声かけてやるのが決まりでもあり、礼儀でもあるのだ。





そんな風にして楽しみながら味わうとおにぎりというものの奥深さを感じられるのだ。





これを元に応用などを取り入れて食べれば100倍、、、いや、1000倍はおいしくなるはずだ。





オレのおにぎりの食べ方は参考になっただろうか?












 ←参考になった人はクリックを~~☆・゚:*(人´ω`*)
息子 | トラックバック(0) | コメント(5) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。