スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | page top↑
豹変する女(その2) ~娘の過去~
2006 / 05 / 12 ( Fri )

ひき続き、娘 一才半の頃。

2_

娘: 「おかし ぱれる。 おかし ぱれる。 おかし ぱれる。
 おかし ぱれる。 おかし ぱれる。」




(※ぱれる=たべる)



頼みごとのあるときは 真顔で 目をそらさず 口をとがらせ かおを近づけます。

当然おかしばかりも食べさせるわけにもいかないので、

「もう、ダメよ。ないないよ。」

やさしく諭す母。

そして娘は・・・・・



2__1


はじまった・・・ヽ(  ̄д ̄;)ノ







2__2






頭を床に打ちつけ、近くにあるものをひっぱたき、泣き、叫び、手がつけられなくなる。

それはそれは恐ろしい生き物に変貌を遂げるのです。




 

母: 「お絵かきしよう!」 

 

お絵かきで気をそらしてみる。


2__5 

娘:「バイキンマンすー。」

母:「はい、バイキンマンね。」

娘:「ドキンチャンすー」

母:「ドキンちゃんね、できました。」

※娘の「すー」は 『~してくれ、~描いてくれ』という意。

母、うまく気をそらせることに成功したまではよかった。





・・・・・が、ここで新たな事件が発生する。

 

2__6

娘:「チンコすー。」

 














はぁ??ヘ(゜Д、゜)ノ

 

確実に何かうまく発音できなくて「チンコ」になってる様子(;´д` )

しかし、母も何を間違えてチンコになっているのか見当がつかない。

 

 

娘:「チンコすー。チンコすー。チンコすー。チンコ、チンコ。」

 

 

 

 

描くまで連呼するつもりだ。。。(ノД`)どうしよう。

 

 

 

母:「じゃあさ、パンダかくね!!それともスーのお顔がいいかなっ?!」
さらに気をそらしてみる。

 

 

 

 

しかし娘、引き下がらない!



2__8



コワイヨ~・゚・(ノД`)・゚・

 

でも家の中でよかったよ、ほんと。。

一応言っときますけど、娘は普段はとってもかわいいんですよ♪

 

 

 

 

人気blogランキングへ←クリックお願いします♪

 

 

 

スポンサーサイト
| トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<ハト | ホーム | 豹変する女(その1) ~娘の過去~>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://ikujidekirukana.blog72.fc2.com/tb.php/8-1cd67a0c
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。